So-net無料ブログ作成
検索選択

前の10件 | -

プロテインダイエットの仕組み 

どのようにプロテインダイエットを行えば良いのでしょうか。

元々はアスリートが体型維持や筋力増強のために用いていたものがプロテインです。
プロテインダイエットは、ダイエット方法としても今では一般的になりつつありますが、
プロテインの摂取のみでは十分とはいえません。
運動と組み合わせて初めて、プロテインダイエットはその効果を発揮します。

脂肪の分解を助ける成分がプロテインですので、
脂肪燃焼を運動によって促さなければダイエット効果をあげられないのです。

ダイエットにプロテイン摂取をしながら取り組む場合、
1日15分程度の有酸素運動をするようにするのがおすすめです。

ある程度の有酸素運動をすることによって、人の体は脂肪が燃焼し、
ダイエットに効果的です。

リバウンドのリスクが低いことが利点である運動と組み合わせたダイエットは、
体力増強効果があるといいます。

たくさん摂取すればいいというものではないのが、
プロテインです。

プロテインの過剰摂取は、
反対に体調を崩す原因となってしまうかもしれません。

脂肪燃焼を助ける効果の他、免疫力アップや疲労回復
筋力増強効果が適量のプロテインにはありますが、
摂りすぎは体に毒です。

プロテインの量をダイエットのためと増やすくらいなら、
低カロリー栄養バランスの取れた食事を摂取することと、
規則正しい生活リズムを保つようにしましょう。

nice!(1) 
共通テーマ:健康

トマトを食べてダイエット 

トマトでダイエットをしているという人は少なくはないようです。

胃腸の調子を整え、むくみを軽減する作用があることから、
トマトはダイエットに適した野菜です。

ただし、ダイエットには基礎代謝を高くし
脂肪を燃えやすくできるかどうかが大事です。
トマトは夏野菜の定番特徴として体を冷やす特質がありますので、
その点は問題です。

しかし不思議なことに、トマトは熱を加えることで
脂肪の燃焼を促進し体を冷やさなくなるという特徴があります。

トマトには血液をサラサラにして
体内の不要物を排除してくれるリコピンが
多く含まれています。

トマトでの脂肪燃焼の効率を良くし代謝を高めるには、
トマトを加熱してリコピンを変化させ、
より吸収しやすい形にすることなのです。

トマトダイエットの利点は別なところにもあります。
適度な安心感のある酸味と、やる気が高くなる甘みとが、
温かいトマトにはあります。

トマトにはリコピンだけでなく、
便秘対策や肌荒れ防止にいいという食物繊維も
たくさん含まれています。

生のトマトを加熱するだけで、
ずいぶん色々な変化が出るものです。

年齢や性別、体力や体質を問わずにできるところが
トマトダイエットの魅力です。

ダイエットにトマトを用いるならば、
火を通した方がぐっと食べやすくなって甘みもあり、
効率も良くなるといいます。

それではトマトダイエットのレシピをご紹介します。
作り方は、4分の1または6分の1に切ったトマトに塩をして、
アルミで包んでオーブンで焼くだけです。
皮はついたまま、塩加減や焼き加減は好みで調節してください

。焦げ目をつけて皮をぱりっとさせたいなら、
包まず6分となります。

フライパンでトマトを焼く時はプチトマトが合っています。
あるいは、プチトマトを串に一直線に刺して焼いてもいいでしょう。

プチトマトはさっと洗ってへたを外し、
弱火にしたフライパンにプチトマトを入れて転がしながら加熱します。

味付けは少量の塩で十分です。
皮が軽く焦げてきたら完成です。

ダイエット中には気になる油を使わなくても、
トマトは焦げ付く心配はありません。

トマトダイエットは1日に中~大のトマトなら2個、
プチトマトなら1パックを目安に食べましょう。

トマトダイエットでトマトを食べるタイミングは、
食事の前やおやつ時です。

加熱したトマトのいいところは、
一旦加熱すればその後冷めても構わないことです。
まとめて作ってしまっておくこともできます。

焼いたトマトをそのまま食べることぱかりにこだわらずとも、
ミネストローネやトマトソース、
トマト入り野菜炒めなどでトマトを食べてもいいでしょう。

環境や元々の体型によっても違いますが、
1カ月~数週間のトマトダイエットで
体が軽く体重の減少効果があると言われています。

焼きトマトダイエットで食事を減らすことなく
ダイエットをするのはとてもいい方法です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

簡単なダイエット方法と朝食 

簡単にできるダイエットがあるのでしょうか。
インターネットの普及した今の時代、
いろんなダイエット方法やその情報も
簡単に検索できるようになりました。

しかし、最近では逆にダイエットに関する情報が飽和しており、
取捨選択をするだけでも一苦労という状況になってしまっています。

ダイエットをしようと思って検索したら
本当にたくさんのダイエット方法が出てきてしまうのです。

数あるダイエットの中で、どんな方法ならダイエットが可能なのか、
基本的なところを押さえておきましょう。

ダイエットについての基礎的な知識を得ておくことで、
ダイエット方法選びが楽になります。

ありがちなダイエットは極端な食事制限
特に朝食を抜くダイエットですが、
有効なダイエットとは規則正しく3食きちんと食べることです。

基礎代謝を高めることをすることが、
体にいいダイエットをするためには欠かせないことです。

人の体が生命活動を営む上で消費するエネルギー量を
基礎代謝といいます。

安静にしていても、眠っている時でも基礎代謝は行われており、
カロリーを消費しています。

ダイエットには基礎代謝の高い体でいることが必要ですが、
朝に食事をしないとエネルギー不足に陥った体が
基礎代謝を引き下げてエネルギーを溜め込みやすい
状態を作るからだそうです。

朝を抜いて昼に食べると栄養不足を感じていた体は
昼に得たカロリーを使わず溜め込んでしまいます。

簡単なダイエットをしたいなら尚更、
極端な食事制限hs禁物です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

簡単なダイエット方法といえば、置き換えダイエット! 

簡単なダイエット方法として多くの人に実践されているのが
置き換えダイエットです。
置き換えダイエットとは読んで字の如く、
朝昼晩の3食のうちの1回を
別な食材に置き換えるという方法です。

多くの置き換えダイエットでは、
食事の代わりにおからやゼリーを摂取します。
継続して置き換えダイエットをしたい時の辛い点が
お腹が空くことです。
ストレスを溜め込まないような方策を考えることが、
置き換えダイエットに挫折しないためには必要です。

おやつにジュース菓子類を食べる感覚で、
1回の食事をビスケットなどに置き換えるわけです。

しかし、一度の食事の代替物としてビスケットというやり方は、
お腹が空くのではという危惧もあります。

心配な方におすすめの置き換えダイエット方法は、
ドリンクやビスケットにプラスして
わかめスープや春雨スープなどの低カロリーかつ
お腹に満腹感を与えてくれるものを
一緒に食べるダイエット方法です。

カロリー控えめで満腹感が欲しいという場合は、
食物繊維たっぷりでカロリーが低いわかめのような
食材が向いています。

ただ繰り返しになりますが、
気をつけなければいけないのは、
食べずに我慢をしてしまうこと。

もちろん何でも好き放題とはいいませんが、
ダイエット中とはいえ、
空腹を抱えて毎日を過ごすのは厳しいとも思いますので、
カロリーを考えつつしっかり食べてください。

簡単なダイエット方法の中でも、
置き換えダイエットは上手に行えば、
栄養も取れていることになるので
体の負担が少ないおすすめのダイエット方法です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

顔が痩せるリンパマッサージ 

リンパマッサージは、顔の痩せるマッサージとして知られています。

リンパマッサージは夕食後2時間経過してからの入浴後が
最もお薦めのタイミングです。

顔痩せのためのリンパマッサージは、
耳の前の耳下腺リンパ節、耳の真下にある首の頚部リンパ節、
左右のあご下リンパ節を優しく撫でる様なタッチで、
マッサージする方法です。

あごの下から耳のそば迄、
頬を引き上げる様にマッサージするのが顔痩せのポイントです。
そっと触るか撫でるくらいの感覚で、強くなりすぎないようにしましょう。

おでこのマッサージを行うと顔痩せに効果があります。
また、眼精疲労を引き起こすような細かな作業や
パソコン画面を凝視する作業は、
目や額の筋肉に影響が出てしわができやすいといいます。
おでこマッサージはそんな影響を抑えるのに役立つ方法のひとつでもあります。

まず、マッサージをする部分は髪と額の境界のラインです。
生え際に沿って、片手でおでこの中央を押さえ、
もう片方で指圧します。

顔の中心の上をスタートにして耳のつけねをゴールとして、
生え際に沿って指の腹で押していくという動作を何回か行います。

顔の血行を改善するため、
顔の右側と左側をそれぞれマッサージをして
ハリとツヤを取り戻してください。

日々顔が痩せるマッサージを続けることによって、
キュッと引き締まった小顔になれます。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

顔が痩せるマッサージ方法 

顔が痩せるマッサージ方法についてお伝えいたします。

痩身効果が出にくい部分が人の体にはありますが、
顔はその代表的な存在で、脂肪が減りにくく増えやすいという、
とても厄介な部分です。

表情筋は顔の様々な場所に合計で30種類以上がります。
普段使わない表情筋は表情筋エクササイズで鍛え、
あごのたるみを解消しましょう。

顔のむくみやたるみを取る為に、自宅で簡単に出来る方法に、
血流マッサージがあります。

手を重ねて、あごの下で皮膚を引くようにします。
顔は上を向いたままで、押さえている部分を表情筋に沿って
優しく引っ張りながらマッサージします。

風呂上がりや風呂の中でマッサージをすると、
体温上昇も手伝って代謝が活性化します。

血流マッサージを施すことで、
脂肪が燃えやすくなり血の巡りも良くなります。

毎日欠かさず継続すると顔痩せだけではなく、
顔のむくみ、顔のたるみが解消され、
目の周りの小じわの予防も期待できます。

別な血流マッサージでの顔痩せ方法も知られています。
力を込めすぎない程度に気をつけながら、
下から上に皮膚に刺激を与えていきます。
鼻の両脇から耳の方向に、サイドを通って顔のエラまで、
優しく揉んでいきましょう。

このマッサージを10回ほど行ってから、
水でパッティングをして保水を行ってからスキンケアを行います。

マッサージで顔が痩せる効果をあげるには、
専門的な技術はいりませんが効果が出るまで根気良く続けることです。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

顔が痩せる方法について 

顔の痩せるやり方は色々ですが、
小顔になるには表情筋を鍛えることが大事です。
口や目など顔面にある筋肉を表情筋といい、
頬筋や口輪筋など30種類以上も顔面にはついています。

表情筋を普段から盛んに使っている女優などは、
顔がキュッと引き締まったキュートな小顔をしているといいます。
エステの小顔マッサージを施してもらっても、
その場では顔が小さくなったとしても、
表情筋を使わずにいると元の黙阿弥です。

顔を痩せる方法としては、
頬やあごに増えた皮下脂肪を取り除くというものもあります。

基本的には表情筋を使ってあげる事で
全体的に引き締めるという事になります。
表情筋をたくさん使う事で筋肉が鍛えられ表情が豊かになり
顔痩せにもつながるのです。

普段の生活では、表情筋の1/3程度しか使っていないそうです。
筋肉は使わずにいると衰えますので、
皮膚を支えきれなくなってたるみやしわが増えます。

顔痩せや顔のたるみ対策には、
顔が痩せるための基礎知識を身につけ、
表情筋を動かす努力が必要です。

言い換えれば基礎知識を学んだうえでエクササイズ等の努力をすれば、
確実に痩せる効果が上がるという事です。

いつも表情筋をめいっぱい使って顔痩せし、
笑顔で明るい小顔美人を目指しましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

メディカルダイエットの内容・方法 

具体的に、メディカルダイエットでは主にどんなことをするのかといいますと、

サノレックスと呼ばれる食欲抑制薬、ゼニカルというダイエット医薬品、脂肪燃焼点滴、
脂肪溶解注射などのダイエット方法があります。

食欲抑制薬は厚生労働省が正式に認可した医療用の食欲抑制剤です。
食事療法や運動療法の効果が得られない肥満状態の人をスリムにするために利用されています。
メディカルダイエットではよく使われており、数十㎏を3ヶ月程度で減らせたという症例もあります。

サノレックスは人間の脳内にある視床下部にある食欲中枢に作用します。

空腹感をなくし、食事量が少なくても、満腹感が得られることで、
食事の量を減らすことを目指します。

ブドウ糖の促進効果や、消化吸収の抑制作用も期待できますので、
ストレスなく食事制限を行いたいという人には適したメディカルダイエットといえます。

また、ダイエット医薬品とは脂肪吸収を抑える薬であり、
食欲抑制とはまた異なるものです。

脂肪が体内に吸収されるには、リパーゼと呼ばれる消化酵素によって分解される必要があります。

サノレックスという薬はリパーゼの活動を妨げて、
食事に含まれる脂肪分を消化しないままで体内に出すことができます。

ゼニカルというダイエット医薬品はもともとついている脂肪には効果が望めないそうです。

この他にも、メディカルダイエットでは脂肪燃焼の作用がある薬液を注射するという方法があります。

身体の内部から作り替えるというもので、効果が比較的早く出るという利点があります。

脂肪が蓄積されている部分に極細の注射針で脂肪燃焼効果のある薬液を注入し、
部分的に脂肪を減らすという方法もあります。

自分なりに体重を減らす取り組みをすることは可能ですが、
確かにウエストヒップなど、脂肪がつきやすい場所のダイエットは
一筋縄ではいかないのということもいえます。

そう考えると確かにメディカルダイエットでなら、
最低限の努力で医学に基づいた適切なダイエットができるかも知れません。


ただ、薬漬けのようなイメージもあって、少し抵抗も感じます。

本当は、規則正しい生活の中で、適切な食事や適度な運動をしながら、
美しい体と健康を維持するというのが一番だと思うのですが…
nice!(0) 
共通テーマ:健康

メディカルダイエットのメリットを挙げれば 

メディカルダイエットに関係した商品として、肥満治療を目的として開発されたものが
サプリメントや機器として売られています。

この薬を飲んでここまで痩せました、という宣伝文句と共に販売されている
ダイエットサプリメントや機材は多くあります。

しかし、それらを用いてダイエットが成功しなかったという人や、
体調を損ねたという人もいます。

うまくいかないばかりか、具合を悪くしたという人もいます。

ダイエット関連の商品には、医師や専門家の指導のもとに
正しい知識を持って計画的に行いましょう。

メディカルダイエットでは自分の体質、ライフスタイル、
性格に合ったダイエットを医師とともに実行することです。

医師やアドバイザーとの対話を通して、自分にとって最もよいメディカルダイエットを組み立てることから
具体的な方法を始めます。

指導を受けることによって、安全で栄養バランスを整えた食生活が身につきます。
身体に負担をかけずに、ダイエットに適した食事ができます。
メディカルダイエットなら、これまでの生活をできるだけ活かしたダイエットプランが構築できます。

アドバイザーのノウハウやお医者さんとの二人三脚でダイエットに挑戦できますので、
メディカルダイエットは1人でダイエットに取り組むより気持ちに張りが出ます。

そういう特性上、途中で挫折することが少ないのが
メディカルダイエットの最大のメリットといえます。

人間は基本的にはなまけもの体質です。
あまり、よい言い方ではないかも知れませんが、目標とか、
環境といった何かにある程度縛られた状況のほうが結果を出しやすいというのは、
否定できません。

よっぽど自分に厳しく、意志の強い方なら話は別ですけどね!

でもなんだかだメリットも感じます。

それは、完全に専門家任せになるので、
内容がブラックボックスみたいな気もしますよね~。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

メディカルダイエットとは何か 

様々なダイエット方法がありますが、特に最近の有名なダイエットに、
海外でも女優がやっているというメディカルダイエットがありますね。

メディカルダイエットの特色は、プロである医者の組むプログラムや方針に従って行う
健康に配慮したダイエットという点です。

メディカルダイエットでは、自分なりの方法ではなく、
医者の助言に従って内容を決めます。
自己流で食事制限などのダイエットを行うと筋肉や骨が減少して、
基礎代謝量も少なくなり、同じカロリーを摂取しても太りやすくなり、
かえって逆効果になります。

栄養のバランスの悪い食事やごくわずかな食事量を続けていると、
具合が悪くなったりストレスから精神の均衡を崩してしまうこともあります。
摂食障害の原因が、ダイエットを目的とした食事制限だったという人もいます。
リバウンドが起きたために、一旦減った体重が前以上に増えてしまったという方もいます。

自分なりのやり方でダイエットを成功まで導くということは、そうたやすくないのも事実。
メディカルダイエットでは、専門の医師の助言を受けながら、
ダイエットに適した食事や薬を使うというスタイルのダイエットです。

食欲を抑圧しすぎないよう、ストレスなどにも気を配りつつ、
カロリーを減らしていきます。
食事量を減らすと筋肉や骨の状態に影響が及びますが、
その点を専用の機械でフォローし基礎代謝が落ちないようにすることも可能です。

メディカルダイエットなら、ダイエットに医学知識を融合させて活用できるという点では、
メリットがあると思います。

確かに自分だけで学んでやるのも前向きな気持ちがあってすばらしいことだとも思いますが、
断片的な知識になりがちで、偏ったダイエットになってしまう可能性があります。

中にはしっかりダイエットできちゃう方もおられるのですが、
それは稀な例なのかな?とも思います。

医師や専門家の力を借りながらやるのもが賢い選択といえるのではないでしょうか。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。