So-net無料ブログ作成

メディカルダイエットの内容・方法 

具体的に、メディカルダイエットでは主にどんなことをするのかといいますと、

サノレックスと呼ばれる食欲抑制薬、ゼニカルというダイエット医薬品、脂肪燃焼点滴、
脂肪溶解注射などのダイエット方法があります。

食欲抑制薬は厚生労働省が正式に認可した医療用の食欲抑制剤です。
食事療法や運動療法の効果が得られない肥満状態の人をスリムにするために利用されています。
メディカルダイエットではよく使われており、数十㎏を3ヶ月程度で減らせたという症例もあります。

サノレックスは人間の脳内にある視床下部にある食欲中枢に作用します。

空腹感をなくし、食事量が少なくても、満腹感が得られることで、
食事の量を減らすことを目指します。

ブドウ糖の促進効果や、消化吸収の抑制作用も期待できますので、
ストレスなく食事制限を行いたいという人には適したメディカルダイエットといえます。

また、ダイエット医薬品とは脂肪吸収を抑える薬であり、
食欲抑制とはまた異なるものです。

脂肪が体内に吸収されるには、リパーゼと呼ばれる消化酵素によって分解される必要があります。

サノレックスという薬はリパーゼの活動を妨げて、
食事に含まれる脂肪分を消化しないままで体内に出すことができます。

ゼニカルというダイエット医薬品はもともとついている脂肪には効果が望めないそうです。

この他にも、メディカルダイエットでは脂肪燃焼の作用がある薬液を注射するという方法があります。

身体の内部から作り替えるというもので、効果が比較的早く出るという利点があります。

脂肪が蓄積されている部分に極細の注射針で脂肪燃焼効果のある薬液を注入し、
部分的に脂肪を減らすという方法もあります。

自分なりに体重を減らす取り組みをすることは可能ですが、
確かにウエストやヒップなど、脂肪がつきやすい場所のダイエットは
一筋縄ではいかないのということもいえます。

そう考えると確かにメディカルダイエットでなら、
最低限の努力で医学に基づいた適切なダイエットができるかも知れません。


ただ、薬漬けのようなイメージもあって、少し抵抗も感じます。

本当は、規則正しい生活の中で、適切な食事や適度な運動をしながら、
美しい体と健康を維持するというのが一番だと思うのですが…

<PR>
丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス


健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


[当ブログ記事ランキングベスト5]
1位:続・お肉を食べてダイエット!
2位:お肉を食べてダイエット!
3位:1日5食とってダイエット! 1(概要編)
4位:食べ過ぎたら18時間以内にリセット!
5位:お酒を飲んでダイエット!
nice!(0) 

nice! 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。