So-net無料ブログ作成
検索選択


低インシュリンダイエットはよい方法なのか? 

低インシュリンダイエットは一時期とても注目を集めました。

すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンは、脂肪細胞が巨大化していく原因と深く関係しています。
そのことに着眼したのが低インシュリンダイエットです。

低インシュリンダイエットの機能は下記のとおりです。
食事で摂った炭水化物は体内でブドウ糖になります。
体内にはいった糖はインシュリンの働きで、基本代謝としてエネルギーに変えられます。
そしてインシュリンは、分解された糖を血液中や筋肉肝臓に貯めながら血糖値を下げてくれます。
しかし血液中の糖である血糖値が急上昇すると血液中、肝臓、筋肉、などに貯めておく量を超えてしまいます。
すると脂肪細胞に蓄えられることとなり、これが体脂肪の増加につながってしまいます。
ということは、血糖値が急上昇することを抑えられれば、インシュリンの分泌を抑えることができます。

実際、低インシュリンダイエットでは、インシュリンの分泌を抑えるのが目的ですから、血糖値をあげてしまうような食品は避ける必要があります。
その血糖値が上げる食品といえば、やはり炭水化物が代表格です。

ですから白米やパン等の主食は一切食べなければ確かに血糖値は抑えられるはずです。
しかし、主食には脳や筋肉の働きに必要不可欠な糖が含まれている大切な食品なのです。

ですので、炭水化物を食べなかったり控えるという生活は、健康に決してよいとはいえず、
また、長く続けることも大変です。
リバウンドする可能性が大いにあるといえるのです。

そういった意味から低インシュリンダイエットは安全なダイエットとはいえないと思います。
nice!(1) 
共通テーマ:健康

ダイエットに食事で成功するには… 

自分の食習慣を知る事が、食事でダイエットに成功する重要なことです。
毎日自分が食べた食事内容を記録してみると良いでしょう。
その日自分が食べた食事くらい大方分かっているという人も多いでしょうが、
案外書き出してみると欠点がわかるのではないでしょうか。

これは以前話題になったレコーディングダイエットと呼ばれるものです。
無駄に食べていた間食を、食習慣を客観的に観察し減らす様に心がけるだけで、
ダイエットの効果があるという方法なのです。

見事に食習慣を改善するだけで、
ダイエットに成功する確率があがるようです。

ダイエットの成功に結びつかない食事方法の1つはストレスです。
厳しい食事制限によるダイエットは反動による大食いが懸念されます。
無理な方法では、誰でもダイエット自体がイヤになってしまうものです。

低カロリー栄養の配慮がされたダイエット食品を利用する際にも注意が必要です。
全ての食事をダイエット食品に置き換えてしまう方法は、
ダイエットに成功する食事だからといっても良いものではありません。

ダイエット食品は1食だけにして、後の2食は通常食にするような、
ストレスにならない気持ちに余裕を持ったダイエット方法を
おすすめします。

痩せるための食事として上手く利用すれば、
ダイエット食品はカロリーコントロールのために非常に役立ってくれます。

食事でダイエットに成功するために必要なことは、
カロリーダウンよりヘルシーアップです。

白米よりも玄米、肉は脂肪の少ない赤みやささみ、
パンよりもご飯、料理の味付けは薄くといったような、
ダイエットに成功する食事にするためには
調理に少し気をつけるとよいでしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

ダイエットの食事計画 

計画的に食事を摂ることは、ダイエットを成功させるため
大切なことだというのは、すでに多くの方が
認識していることなのかも知れません。
ただ、その一方で食事を抜けば体重が落ちる思っている方も、
まだたくさんおられるようですが、
それは大変な間違いなのです。

忙しいからといって朝食を食べないとか
夕食を食べる時間が取れないなどと言う人が少なくありません。
1日3回食事を摂って、時間も毎日一定になるようにしましょう。
ダイエットは3食しっかり摂らないような食事の方法では
うまくいきません。
規則正しく毎日食べるようにすることが、
ダイエット成功の秘訣だといえるでしょう。

朝食の準備を夜寝る前にしておけば、朝食を抜かずに済みます。
このように食事の時間を計画的に設けることは、
ダイエット成功のポイントだといえます。

食事を食べたり食べなかったりしていますと、
いつ栄養が入ってくるかわからない状態になる体は、
脂肪を貯めやすいものになってしまうのです。

食事時間が不規則だと、本来体のもっている排泄、活動、
燃焼、消化吸収という働きがうまく出来なくなってしまうという
懸念があります。
体がうまく働かなくなった結果、胃がもたれたりしてきたり、
便秘になりやすくなったり、体がだるくなったり、
力が出なくなったりするのです。
規則正しい食事をしなければ正常な代謝活動が
できなくなってしまうのです。
代謝活動が乱れると、肌荒れ、手足のむくみ
休んでもなかなか疲れがとれないなど体調がおかしくなり、
ダイエットどころではなくなってしまいます。

ダイエットに体を壊さないで成功するために最低限重要なことは、
食事に計画性を持たせることなのです。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

お腹ダイエットには食事の改善も… 

食事を改善というのは、もうダイエットの定番ですが、お腹ダイエットに役立つ方法は、普段の食事の改善が大きく影響するでしょう。
ダイエットのことを考えながら栄養カロリーバランスを考えた食事をするだけでも重要で、効果的です。

焦ってなのか、ダイエット目的で朝食を抜く人がまだ多くいますが、これはいけませんね。
朝は抜かずに3食きちんと食べることが大事です。
食べ過ぎはやめて、腹八分目を保ちます。
絶食や食事量の大幅ダウンによって脂肪を減らそうとする人もいますが、食事量を減らすだけのダイエットは生命維持に必要な各臓器にダメージを与えかねず、危険です。

これまで多めに食べているのなら、極端に減らさず最初は8割程度に収めるだけでも十分なダイエット効果が期待できます。
また、旦那さんやお子さんの残りを食べるという食べ方もやめましょう。
ダイエットではおやつや甘いものは控え、糖分を含むジュースやチョコレートなどの甘味は我慢することが重要です。

どうしても空腹だという時はミネラルウォーターがお勧めです。
硬水は何故か満腹感がありますので、ぜひ活用してみてください。
お腹のダイエットでは、寝る前の3~4時間前は食べ物を口にしないようにしましょう。
毎日の心がけが重要です。

コーラや冷たいジュース、ビールが恋しくても、ダイエット中は控えてください。
急に体が冷えると、冷えた内臓を温めようとしてお腹の血管に脂肪が集まってきます。
血液がどろどろになってお腹に脂肪がたまりやすくなるからです。
冷たい飲み物は便秘肌荒れの源になることもありますので、水分を補給したい時はぬるいものか温かいものにしましょう。

ダイエットでお腹を凹ませるために重要なことは、油脂の多いものや甘味といった高カロリーの食品はできるだけ控えるということが大事です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

お腹ダイエット簡単運動 

お腹の脂肪が気になりだしたらダイエット運動に取り組むことをおすすめします。
運動をしない生活を続けているとお腹に脂肪が溜まりやすくなります。
毎日一定量の運動を欠かさず続けることで、お腹ダイエットができます。
まず筋肉を強化することを考えてください。
エクササイズ教室や水泳教室で汗を流すという方法もありますが、家でできる運動を毎日続けてもいいでしょう。

誰でも簡単に実行できるお腹ダイエット運動として、ウォーキングや椅子を利用した運動が注目されています。
ウォーキングは体へダメージがかかりにくくジョギングより効率良くダイエットができる方法です。
机からやや離れた場所に椅子を置き、浅めに背筋を伸ばして腰掛け、その姿勢から運動を開始してください。
足を組み、手を机に置き、左右に腰を回します。
上半身だけが動くように気をつけながら不慣れなうちは10でも、最終的には100往復くらいはします。
ちょっとした時間の合間にこの運動をする習慣をつけると、ダイエットが効果的になるでしょう。
ふと空いた時間に、家でも会社ででも好きな場所で運動が可能です。

お腹の脂肪対策には有酸素運動も効果的ですが、筋肉を鍛えず脂肪代謝だけを目指すと、プロポーションに悪影響が出ることがあります。お腹が太くなる原因は脂肪だけでなく筋肉のたるみも原因の1つだからです。
お腹のダイエットをする場合、有酸素運動ばかりに頼っていては上半身の筋力低下も招いてしまいます。
脂肪代謝と筋肉の強化をバランス良く組み合わせて運動をしましょう。

エクササイズと組み合わせてさらに短期間で効果的に痩せたい方は…
nice!(0) 
共通テーマ:健康

お腹に脂肪が付く原因とは? 

体脂肪がお腹に集中的につくのは一体どうしてでしょう。
胸は外部の衝撃から臓器を守る肋骨がありますが、腹には内臓を守る骨はありません。
骨の代わりに、内臓を外部の衝撃から保護するためのに脂肪がついているわけです。
筋肉があった場所がたるんだり弱くなることによって、そこに脂肪が入りやすくなり、お腹に脂肪が溜まる誘因となります。

お腹の筋肉はふと気づくとたるみが目立つことがあります。
意識せず使わない限りお腹の筋肉はほぼ使わないためです。
わずかでも脂肪がつくと、その場所にはどんどん脂肪が増していきます。

胃下垂も脂肪が尽きやすくなる源であり、皮下脂肪や内臓脂肪がある人は要注意です。
特に意識せずとも運動をする機会があり、基礎代謝もそこそこ高い10代20代はまだしも、中年以降は脂肪の溜まり時です。
体脂肪をエネルギーに変えて消費する代謝機能が年齢効果などで低下すると、脂肪は溜まりやすくなります。
皮下脂肪は内臓脂肪ほど運動や食事で燃焼されないため、ダイエットは難しくなってしまいます。

女性は過剰なカロリーが皮下脂肪になりやすく、一方男性は内臓脂肪になりやすいといいます。
男性のお腹まわりは、内臓脂肪が多いためと腹筋が多いために女性より太くなります。
同じ体脂肪率の男性と女性ならば、男性のほうが内臓脂肪が多い事になります。
お腹に脂肪が付く原因はさまざまなのです。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

ダイエットにも影響!骨盤の歪みがあるか確認する方法 

ダイエットに深く関わるともいえる骨盤に歪みがある場合、矯正することが大事です。
骨盤がダイエットへ深く影響するのは、姿勢や重心がずれていると骨盤の歪みを誘発し、体内の血の巡りを悪くするためだといいます。

骨盤が歪み血の巡りが悪くなっているような体は代謝が低く不都合だということです。
日頃の姿勢や骨盤のズレを最初に確認し、支障はないかどうかを確認しましょう。

では骨盤の歪みを確認する簡単な方法です。
どの位置に今立っているかを畳の目や床の模様でチェックしてから、目をつぶって30回の足踏みをしてください。
足踏み後に目を開け、初期の位置から遠く離れたところに立っていたら、歪みが大きい可能性があります。
足踏みをしているうちにいつの間にか場所が移動していたという人は、骨盤が歪んでいるかもしれません。

骨盤の矯正ですが、エクササイズストレッチという方法もありますが、整骨院やカイロプラクティックで診断してもらうという方法もあります。
腰痛や肩の痛みを追求していくと、骨盤に歪みがあるためにバランスに狂いが生じ、そのために姿勢がおかしくなっていたことが原因だったりもするので気をつけましょう。
痛くなってからの対処では矯正も簡単にはいかなくなりますし、痛みがある部分を無理に動かしてのエクササイズなども不可能です。
ダイエットする以前に、骨盤の歪みのチェックをすることをおすすめします。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

ウェストダイエットエクササイズ 

ウェストダイエットは一般的なダイエットよりテクニカルになります。
食べ物だけを見直しても、腰がくびれるとは限らないところがウェストダイエットのちょっと大変なところです。
ウェストダイエットを成功させる為には、新陳代謝をあげることは勿論、骨盤の歪みのチェックや、ウェストに効果のあるストレッチなどが必要になってきます。
ウェストに効果のあるストレッチと聞いて、腹筋を想像した人も多いはずです。
腹筋はお腹の前部、しかもおへそよりも上の部分を鍛える運動なので、くびれを作る運動とは言えません。
わき腹のエクササイズはウェストダイエットに向いています。
わき腹をシェイプアップすることにより、背面からのウエストが締まって見えます。

では、そのわき腹を鍛えるストレッチの方法をお伝えいたします。

まず横になます。
仰向けになって両腕は体の両サイドに伸ばし、足を地面から高く上げて伸ばしたまま交わらせ、右側に向けて静かに傾けていきましょう。右に倒した状態で5秒数え、元の姿勢に戻ってから次は左に倒して5秒数え、最初の姿勢に戻ります。
セットを左右10回ずつと数え、これを1日2度から3度、どの時間でもいいので行ってください。

ストレッチが終わったら、上半身を起こして足を広げて、体を左右のどちらかのつま先に触れるように体を伸ばしていきます。
右と左の2方向への体の伸ばしが終了した、上に向けて体を引っ張るようにしばらくしてから終わりにします。
焦りすぎず、静かな動作で体を動かしてください。

ウェストダイエットのストレッチをする時は、特にわき腹の筋肉とおなかの周囲に意を集中することです。
ウェストダイエットは、お腹やわき腹部分に負荷をかける為最初は筋肉痛などになって痛いかもしれませんが、ダイエット効果は必ず出てくるので諦めずに続けてみましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

キャベツダイエットの正しい方法 

何をすればキャベツダイエットになるでしょう。
キャベツを千切り、ザク切りにしてご飯やパンの炭水化物の代わりに食べる方法がキャベツダイエットの方法の1つとしてあげられています。
加熱したキャベツではなく、生キャベツをそのまま食べることがポイントです。

キャベツは水分と食物繊維でできているヘルシーな食材ですので、焼いても煮ても良い食材であります。
キャベツ料理を作るときは、カロリーの高い調味料を使うのは厳禁です。
キャベツは淡泊な味わいなのでつい調味が濃くなりがちですが、それではダイエットになりません。
千切りキャベツを、一切の味付けをせずに食べることがキャベツダイエットでの理想です。
けれども、いつも味なし千切りキャベツを食べ続けていられるという人はごくまれです。

キャベツダイエットは、キャベツを食べ続ける方法を考える必要があります。
適度に味をつけてキャベツを食べることが、キャベツダイエットの継続のコツです。
よくお店で売られているノンオイルの色々なドレッシングを使って食べてみるのも良いでしょう。
ポン酢やレモン、塩などでキャベツの味にプラスアルファをつけ、飽きずに食べられるキャベツを追求してみましょう。
高カロリー品であるオイル入りドレッシングやマヨネーズはキャベツダイエットには不向きなので、これらは除外して味付けをしましょう。

※前記事でもお伝えしましたが、キャベツは、あくまでもご飯やパンの炭水化物の代わりに食べるという目的です。
毎食キャベツのみ、というのでは逆に栄養不足になってしまいますので、そこは十分ご理解くださいね。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

キャベツダイエットの効果 

キャベツダイエットは、キャベツを食べることで体重を効率的に減らすという特徴的な手法で行われるダイエットです。
キャベツはローカロリーでと炭水化物の代わりになるといわれています。
そのため、毎日のメニューを部分的にキャベツに切り替えることによって、カロリーダウンが期待できるというわけです。

キャベツのダイエットなら、それなりの量を食べることができますから、お腹も十分になります。
適度に歯応えがあり、食物繊維が豊富なキャベツは、意識せずとも噛む回数が増えて少ない量で満腹信号が脳から発信されますので、ダイエット補助食として最適な食材です。
噛む回数が増えることにより満腹中枢が刺激されというメリットもあります。
キャベツをダイエットに活用する時の注意点として、キャベツを食べやすくするためのドレッシングのかけすぎはカロリーオーバーの原因です。

主食代わりにキャベツを摂取するという場合は、どのような主菜や副菜をつけるかも重要ポイントです。
あるいは、食事の直前にキャベツを食べて少量の食事で抑えるというやり方もあります。
ただし、キャベツのダイエットは、キャベツだけを食べだけではだめです。
栄養が十分ではなく体への負担が大きく、ダイエット後のリバウンドもおこりやすくなるでしょう。

上手にダイエットを実行するためには、どんな方法なら実践しやすいかをまず考えることです。
自分の体質や好みに合致したものであるならば、キャベツダイエットは継続も難しくなく思い描いた通りのダイエットができるでしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。